御挨拶

長らく御厄介をお掛け申したシス・カンパニーを、このたび勝手ながら、退かせて戴くことになりました。

就きましては、何かの御依頼の節は、お手数ではございますが、下記のフォームへ、お書き入れ下さいます様、宜敷お願い申し上げます。

新着情報

  • 『美しいキモノ』(ハースト婦人画報社) 夏號のお知らせ

    2022.05.20
    連載中の『東都風流』について。

    今回おたずねしましたのは、柳橋のルーサイトギャラリーと云う、ありし日の市丸姐さんのお宅で、現在の持ち主である米山明子氏は、かつて柳橋のみならず東都でも五指に洩れぬ名料亭「いな垣」の御孫樣にて、私と同年輩ということもあり、昔ばなしに花が咲きました。

    画像は福岡市美術館蔵の『旗亭涼宵』。
    モデルとなった市丸さんは、故郷の浅間温泉から住み替えて浅草の藝者となるや、忽ち、日本ビクターの看板歌手として一世を風靡しましたが、この絵が描かれたのは昭和八年、スタア街道を疾走する二十代半ばの面影うつす貴重な肖像畫であり、当時のモダン趣味ただよう風俗畫の傑作であります。

    作者の小早川清は鏑木清方の門下ながら、画業半ばにして不帰の客となり、今や世人の偶目から去るにも似た画家ですが、その心匠のありどころを再確認したいと思い、今回取り上げました。
    もちろん、昭和一代の鶯藝者である市丸さんの藝と人柄について、なつかしい想い出に酔いつゝ、拙き筆で綴りましたので、是非、御一讀ねがいます。

     

閲歴

作家。昭和三十六(1961)年生れ。
新橋演舞場㈱の企画室長を経て著した処女作『芸者論』に対し、
平成十九年度の和辻哲郎文化賞を与えられ、
梅原猛先生、平岩弓枝先生の御推薦により、
日本文藝家協会の会員となる。
母校たる國學院大學客員教授。
戯号は樂雷園、古曲の許し名は宮薗千哉。

岩下尚史 公式Instagram

講演・イベント

これまでの主なる登壇。

「平泉世界遺産制定記念・世界遺産シンポジウム2014」(主催・岩手県)
「岩下尚史の伝統芸能へようこそ」(主催・静岡県文化財団)
「区民カレッジ講座、基調講演」(主催・東京都中央区)
「港区歴史セミナー」(主催・東京都港区)
吉川英治記念館プレオープンイベント講演
全国梅サミット(青梅市)等々。


その他、北國新聞社、長崎新聞社、宮崎日日新聞社、熊本日日新聞社、
北日本新聞社、岐阜新聞社などの企業や団体が主催する講演会へ多数出演。

お問い合わせ

フォームにお問い合わせ内容をご入力いただき、「個人情報の取扱いについて」に同意いただける方は、画面下の【同意する】欄にチェックをし[確認]ボタンをクリックしてください。

御依頼必須
内容必須
会社名・団体名
お名前必須
Eメールアドレス必須
Eメールアドレス(確認用)必須
携帯電話必須
電話番号
住所
備考
■個人情報をご入力いただく目的

本ウェブサイトは、サービスに関するお問合せ・お見積もり、もしくはその内容の確認手段として個人情報の入力をお願いしております。お客様にご入力頂いた個人情報は、お客様に明示した収集目的の範囲内で利用いたします。個人情報をお客様の同意なくお客様に明示した収集目的以外で利用することはありません。 

■個人情報の保護・管理

お客様にご入力頂いた個人情報について、適切かつ厳重な管理体制のもと、その保護に努めます。個人情報を第三者に開示、譲渡することはございません。但し下記に該当する場合はその限りではございません。
1.お客様の同意がある場合 
2.業務委託会社に対して、お客様に明示した収集目的を実施すべく個人情報を開示する必要がある場合
3.法律の適用を受ける場合や法的強制力のある情報提供を求められた場合
本ポリシーの内容は、必要に応じて改訂することがあります。
ご利用の際には本ページの最新の内容をご確認ください。